OEM生産

ネット通販(EC)や小売業者の方々のアパレル調達を支援

ニンヒエップ市場の小売業者

ネット通販(EC)業者や小売業者の方々には、これまで敷居の高かったベトナムでの小ロットのアパレル生産ですが、ようやくそれが可能な状況になってきました。これまでと何が違ってきているのでしょうか?

アパレル仕入れ目的の業者はホーチミン市に来るのだが…

これまでネット通販(EC)や小売店の方々がベトナムからアパレル製品を調達しづらかった一番大きな原因は材料の生地がないためでした。ベトナム最大の商業都市ホーチミン市でも、生地の選択肢はごく限られたものでした。それでも、一部の熱心な業者の方はベトナムへ来られ、ホーチミン市内の市場で生地を買い付け、オリジナルの商品に仕立てて、日本で販売していたのです。

ハノイ郊外の生地卸売市場は成長し、ベトナム最大級に

中国とベトナムの交易が盛んになるに連れて、中国の生地はハノイに集まるようになりました。ハノイ郊外のニンヒェップ生地卸売市場は今ではベトナムでも最大級で、ここでは多種多様の生地が入手できるようになりました。この市場は年々拡大成長を続けているので、今後ますます期待が持てます。

中国からの輸入生地とベトナムの縫製技術を結びつける

ベトナムはもともと縫製の基地です。腕のいい縫製工たちなら事欠きません。生地の仕入さえ容易になれれば、裁断-縫製は、お手のものなのです。そこで、我々は日本で研修性として学んだ縫製の技術者らを中心とした小規模の専用生産ラインをハノイ市の郊外に設置しました。また、協力工場のネットワークを広げて、アイテムごと専門の縫製工場で生産する体制を整備しています。ハノイに入ってくる中国生地とベトナムの縫製工の腕を結びつけて、ネット通販(EC)業者や小売業者の方々が求める小ロットの注文のお手伝いをさせていだきたいと思います。

 

もっとベトナムのアパレル生産の実態を知りたければ...

弊社代表・秋利美記雄がライブドア・ブログを書いています。是非、参考にしてください。
 

秋利美記雄 ベトナムの縫製工場を巡る

ベトナムをはじめとするアジアの縫製工場を巡っているコンサルタント・秋利美記雄が見聞したインドシナ地域の四方山話を披露する。


ブログを読む

商品