オリジナル商品のOEM生産

ベトナムの縫製工場

OEM(original equipment manufacturer)とは他社ブランドの製品を製造することで、発注側が企画した商品を指図に従って製品に作り上げていく取組やそのメーカーを指す言葉です。

商品企画までをメーカーに任せるODM(original equipment manufacturer)と対比されることがあります。

お客様のご要望を販売商品の形にして納品致します

手描きの絵型や参考写真、参考サンプルなどに指図をいただければ、パターンを起こして、サンプル商品を作ります。サンプルを確認した上で量産を進め、できあがった製品は検品し、完成した販売商品にまで仕上げて納品致します。

協力工場の体制により様々なアイテムに対応

専門性の高い縫製工場と協力体制をとることで、レディース、メンズ、キッズ、ユニフォームなどのアパレル商品やカバン、ポーチ、エコバッグなどの雑貨類と多種多様なアイテムの仕入を可能にします。

小ロット生産から大量生産まで自由自在

生産工場は自社専属工場・協力工場のうちから、アイテムやご注文数量によって使い分けていきます。数量の少ない小ロットには小規模工場で生産対応。また、大量のご注文には大型工場で大量生産もこなします。

日本で縫製研修を受けた熟練スタッフが日本品質を保証

日本で縫製研修を受けた熟練スタッフが生産及び生産管理を担当する体制をとっています。この体制により、日本製同様の品質を保証できます。

ベトナム・ハノイ生産により競争力ある価格を実現

海外生産、とりわけチャイナプラスワンの筆頭であるベトナムのなかでも北部のハノイ地区で生産することにより、コストを削減することができます。さらには、アイテムごとの専門工場で生産することで高品質を保ちながら競争力ある価格をご提供することが可能となります。

多彩な中国生地の仕入

ハノイにはベトナム最大の生地卸売市場があります。中国国境に近いハノイ郊外のこの市場は中国生地の大集積地で、この数年、ずっと成長が続いています。これにより多彩な生地の仕入が可能です。

副資材も現地で調達

現地には日系の副資材業者が複数進出しており、ラベルやタグなどの副資材類も現地で仕入れが可能です。